スポンサーサイト

  • 2014.09.26 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    円高のメリット デメリット

    • 2011.08.05 Friday
    • 11:34

    円高 の メリットデメリット

    メリット

    1.
    有能な外国会社を安く買収できる
    2010/10/12 21:23
    6
    ×
    0
    2.
    外貨建て投資信託が安く買える
    2010/10/12 21:17
    3
    ×
    0
    3.
    アメリカ都市圏郊外に広い庭付きの一戸建てを購入することができる
    2010/11/03 23:18
    1
    ×
    0
    4.
    輸入品が安くなる
    2008/12/20 01:44
    64
    ×
    4
    5.
    海外旅行で安く買い物が出来る
    2007/06/06 22:08
    72
    ×
    12
    6.
    原油の仕入れ値が安くなる
    2007/06/06 22:18
    50
    ×
    8
    7.
    輸入業者は円ベースでの購入原価が減るため得をする
    2007/06/06 22:07
    31
    ×
    7
    8.
    内需拡大
    2009/11/16 10:35
    17
    ×
    3
    9.
    ドル圏の土地を安く買える
    2010/08/25 11:31
    9
    ×
    2
    10.
    外交力が強くなる
    2008/09/27 14:44
    23
    ×
    7
    11.
    強そうな気分
    2008/04/30 15:40
    19
    ×
    8
    12.
    輸入品や輸入して加工した品が安く買える。
    2009/12/31 18:44
    7
    ×
    2
    13.
    景気悪化に伴い金利が低下し、住宅ローンに利息が低くなる。
    2010/08/22 16:03
    3
    ×
    2
    14.
    為替レートで円高で買い数年後円安になれば利益になるか
    2010/08/31 11:21
    2
    ×
    1
    15.
    景気
    2008/07/15 14:21
    16
    ×
    15
    16.
    物価が安くなる
    2010/08/26 09:37
    3
    ×
    3

    デメリット

    1.
    輸出メーカーは円高になると損をする
    2007/06/06 22:07
    46
    ×
    5
    2.
    機関投資家は海外資産が目減り
    2008/11/10 20:55
    9
    ×
    1
    3.
    .円高で日経平均が下がる
    2008/12/02 10:13
    14
    ×
    2
    4.
    外国人旅行客が減る
    2008/12/02 10:12
    14
    ×
    3
    5.
    10%の円高が1年続くとGDPは0.26%下落
    2008/12/02 10:13
    8
    ×
    2
    6.
    日本の輸出企業の収益が減少する
    2010/08/13 19:03
    7
    ×
    1
    7.
    円の価値が下がる
    2010/08/27 14:05
    4
    ×
    1
    8.
    景気が悪化し給料が減り、デフレになる。
    2010/08/22 16:01
    4
    ×
    1
    9.
    雇用がなくなる
    2010/08/24 21:25
    5
    ×
    2
    10.
    外国人が日本に来なくなる
    2010/09/03 13:21
    3
    ×
    2
    11.
    市場へのお金の流通が少なくなり景気が悪化する
    2010/08/22 15:56
    3
    ×
    3
    12.
    紙幣の価値が上がり格差社会が進展する。
    2010/08/22 16:05
    2
    ×
    2
    13.
    倒産件数が増える
    2011/03/11 23:24
    0
    ×
    0
    14.
    輸出企業の業績が悪化し、そこで働く人の給料が減ってしまう
    2010/11/03 23:19
    0
    ×
    0
    15.
    リストラが増える
    2011/03/11 23:24
    0
    ×
    0
    16.
    為替介入が必要
    2010/09/17 13:32
    0
    ×
    2
    転載元ーhttp://jp.meritdemerit.com/topic/413

    セレブといじめ  そのまま転載

    • 2011.08.04 Thursday
    • 20:42
     

    第21回:セレブといじめ

    セレブだからこそ背負わねばならぬ運命がある。常にセレブをウォッチし続ける、辛酸なめ子さんがセレブ界の動向を一刀両断。今回のテーマは、セレブに注がれる羨望のまなざしの裏返しとも言えるいじめ。そんなセレブの “影”の部分に光を当てたようです。

    セレブといじめ

    イラスト:辛酸なめ子


    あのレディー・ガガも、いじめ被害者だった

      今は人生の勝者であるセレブも、過去にはいじめられっ子だったりするケースが少なくありません。例えば先日、レディー・ガガ(年収72億円)は、アメリカ のテレビ番組に出演し、高校時代に受けたいじめのせいで今でも負け犬の気分がすると泣きながら独白。高校時代は顔見知りの男子にゴミ箱に投げ入れられた り、髪型やメイクをクラスメイトにバカにされていたそうです。自虐的に笑いながらも、涙をこらえていたという当時のレディー・ガガ。今の過剰なサービス精 神(待っているファンにピザ宅配してあげたり…)は、いじめ体験の反動で、嫌われたくない、皆に愛されたいという欲求が表れているのかもしれません。


    セレブになる前、誰もがいじめられっ子だった!?

     多感な時期の少年少女は、自分より個性的で才能があるクラスメイトをいちはやく察し、彼らの芽をつぶそうとする習性があるのでしょうか。自然と目立ってしまい自己主張が強いセレブはいじめられがちです。

    ケシャ

    ケシャ ©Wireimage

    例 えば、歌手のケシャは、中学時代クラスメイトに無視されていたそうですが、自分に自信を持ち、堂々とすることで切り抜けたとか。そこで培った度胸が、プリ ンスの邸宅に不法侵入してデモテープを渡すという大胆な行動の源泉になったのかもしれません。他にも、エミネムは小学生の時ロッカールームに閉じこめられ たり叩かれるなどのいじめを受けていたり、ジェシカ・シンプソンはいじめっ子に卵やトイレットペーパーを投げ付けられたり、歩道にマジックで悪口を書かれ るなど壮絶な体験をしていたそうです。家庭環境が複雑だったため学校でいじめられたクリスティーナ・アギレラ、自分より大柄な女子にトイレに閉じこめられ たマイリー・サイラス、肌の色が薄かったため小学校時代いじめられ続けたリアーナなど、今タフなイメージのセレブにそんな辛い過去があったとはにわかに信 じられません。

    「なかったことに」できる自尊心

     いっぽう、周りから見ていじめられていてもそれを認めようとしないセレブもいます。

    エマ・ワトソン

    エマ・ワトソン ©Wireimage

      エマ・ワトソンは「ハリー・ポッター」の気が強い優等生役のプライドがあるのか、ブラウン大学をいじめで退学し、オックスフォード大学に転校と報じられた 時に強く否定していました。しかし、ブラウン大学ではエマが授業中正しい答えを言うと「グリフィンドールに10ポイント!」と映画のセリフを叫ばれたり、 廊下ですれ違いざまに「ウィンガーディアム・レビオーサ!(浮遊せよ)」と呪文を唱えられたりしたそうです。イギリス英語のエマが、ケシゴムのつもりで 「誰かrubber持ってない?」と言うと、アメリカ英語ではコンドームのことで皆に爆笑された事件もあったとか。エマが学校のイベントに参加しても誰も Facebookに彼女の写真をアップせず、エマは自分のプライバシーを守ってくれていると解釈していたそうですが、実は友だちがいなかったのかもしれま せん。それでも「学業と仕事を両立するのが難しくて」退学したと言うエマは自尊心が強い女性です。ブラウン大よりもレベルが高いオックスフォード大に転校 したところに、女の意地が表れています。


    いじめ体験の開示という人気獲得メソッド

    ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックス ©Wireimage

    し かし、いじめられていたことをカミングアウトするのは、メリットもあります。過去のトラウマをさらけ出すことで世間の共感を得られます。反対に、過去にイ ケてるグループにいたことを自慢したり、いじめっ子だったことを告白するセレブは見当たりません。ヴァネッサ・ハジェンズやレイチェル・ビルソンは人気者 グループにいたという報告をネットで見ましたが、そう言われてよく見ると、彼女たちの瞳には小悪魔的な光が宿り、人生ナメてるオーラが漂っているよう な……。アメリカの高校ではジョック(体育会系)や、チアリーダーがヒエラルキーのトップで、おしゃれ系の「プレップ」がそれに続き、演劇や音楽などの芸 能系は変わり者だと見られがちだとか。ミーガン・フォックスはバリバリのチアガールだったのに、高校時代いじめられていたと主張。本当かどうか怪しいで す……。親近感を得るためいじめられた過去を作る人もいそうです。

    古き良きセレブ社会では一発逆転しかありません


      それにしても、日本で芸能人の多くが学生時代に在籍していたヤンキー派閥がアメリカにはないのが不思議です。可愛くて目立っている子は自然とヤンキーグ ループに誘われ(いじめを避けるために自ら入るケースも)、タフな精神を養います。チアガールやスポーツマンやお金持ちでなくても仲間に入れる、人情と仁 義の世界です。高校時代から型にはまったヒエラルキーに縛られているアメリカでは、いじめられたらその後の人生で努力して成功を掴み、いじめっ子にリベン ジするしかないのです。


    • 辛酸なめ子

      辛酸なめ子 プロフィール
      し んさん・なめこ●1974年東京都千代田区生まれ、埼玉育ちの漫画家・コラムニスト。セレブや芸能人から女子校生まで広くウォッチし続け、愛情たっぷりの 毒を吐きながら、女性の持つ"業"を探求し続けている。近著に『女子校育ち』(ちくまプリマー新書)、『無銭ひとり散歩』(コアマガジン)、『開運するた めならなんだってします!』 (講談社プラスアルファ文庫)など

    • 転載元−http://entertainment.jp.msn.com/features/column_shinsan/article.aspx?cp-documentid=5269073

    品川美容外科の医療過誤事件をめぐる捜査資料を漏らしたとして逮捕された警視庁捜査1課の警部

    • 2011.07.22 Friday
    • 15:48
     
    2011.7.22 11:35
    医療過誤捜査の資料漏えい事件で、捜査1課警部らが逮捕され、記者会見で謝罪する桜沢健一参事官=22日午前、警視庁

    クリックして拡大する

    医療過誤捜査の資料漏えい事件で、捜査1課警部らが逮捕され、記者会見で謝罪する桜沢健一参事官=22日午前、警視庁

     品川美容外科の医療過誤事件をめぐる捜査資料を漏らしたとして逮捕された警視庁捜査1課の 警部、白鳥陽一容疑者(58)は、捜査対象の病院に以前から親密にしていた警視庁OBを再就職させ、高級割烹(かっぽう)などで飲食接待を受けるなどして いた。浮かび上がった癒着(ゆちゃく)の構図に、警視庁も「異例なこと」と問題視している。

     警視庁や病院関係者によると、白鳥容疑者は警視庁が品川美容外科を家宅捜索した約2カ月後の昨年2月ごろ、捜査1課OBの中道宜昭容疑者らの再就職を受け入れるように、病院幹部らに求めた。

     「病院の捜査を円滑に進めるためには、中道さんたちを、入れておいた方がいいんじゃないか」。捜査を取り仕切り、たびたび病院幹部に接触していた白鳥容疑者にこう迫られ、病院幹部らは拒むことができなかったという。

     暴力団のクレームなどに対応する“用心棒”役として、病院が警察官OBの“天下り”を受け入れることは珍しくなかったが、通常は警視庁本庁などの紹介などがある。捜査を受けている最中に、一警部の斡旋(あっせん)を受け入れるのは異例だ。

     白鳥容疑者と中道容疑者は捜査1課で5年5カ月、一緒で、「ナカさん」「シラさん」と呼び合う親密な仲。白鳥容疑者の“情実人事”は明らかだった。

     中道容疑者らが再就職すると、白鳥容疑者と病院側はさらに距離を縮めた。東京・内幸町のホテルにある高級割烹で、白鳥容疑者を接待。その場には中道容疑者らだけではなく、病院の実質トップの総院長ら幹部も同席したという。

     病院関係者らによると、白鳥容疑者は中道容疑者と頻繁に携帯電話で連絡を取り合っており、東京都内や千葉県の飲食店やスナックなどで飲食接待を繰り返したとみられる。白鳥容疑者が自分で飲食代を負担することもあったが、多額の経費請求が病院に回ってきた。

     病院関係者は「白鳥容疑者に食い物にされたのではないか」と批判する。

     白鳥容疑者が2人を天下らせていたことについて、警視庁は「承知していなかった。後から事実を知って当惑した。しかし、退職者の行動は指導できない」としている。

     ただ、平成19年には愛知県警の巡査長が情報漏洩(ろうえい)の見返りに県警OBが現金を受け取ったとして逮捕・起訴されるなどしており、OBををめぐる癒着は後を絶たないのも事実だ。


    転載元ーhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110722/crm11072211360011-n1.htm

    松本龍前復興相

    • 2011.07.16 Saturday
    • 01:14

    松本龍前復興相入院のニュースに接して - 冨賀見 祐輔


      松本龍前復興相が、「軽度の躁(そう)状態」で入院した、とのニュースを聞き、かなり驚きました。入院先の九大病院の主治医によると、震災の対応で心身が 疲労した結果、「気分障害で軽度の躁状態」になったそうです。大臣辞任の引きがねになった被災地での突飛な言動も、この「躁状態」が関係した可能性が高 い、とのこと。また、6月初めからは、不眠や疲労感があったため、催眠薬も服用していたそうです。

    確かに、この病状を知った後では、松本 氏の被災地での異常ともいえる言動、例えば、出迎えた達増岩手県知事へ向けていきなりサッカーボールを蹴ったり、村井宮城県知事を「お客さんが来る時は、 自分が入ってから呼べ」と叱りつけたりした言動も、何となく理解できるような気がします。

    あれらの言動は、大臣に任命されるほどの人物の ものとしては、あまりに非常識で、アブノーマルなものでした。でもそれが、あの大震災に正面から向き合った結果の「軽度の躁状態」が引き起こしたものであ るとすれば、アブノーマルと軽々に決めつけることはできはしなかったでしょう。

    私がこの松本前大臣入院のニュースに接して、反射的に想起したのは、1945年、ストレート・フラッシュ号という気象観測機に機長として搭乗し、エノラ・ゲイに広島への原爆投下の命令を下した、クロード・イーザリーという軍人パイロットのことでした。

    戦争終了後、イーザリーは、原爆で死んだ多くの人々の幻影におびえるようになり、徐々に精神に異常をきたすようになります。酒を浴びるように飲んだり、金を奪う気もないのに郵便局に強盗に押し入ったりするようになったのです。

    そのイーザリーと、心理学者・哲学者のギュンター・アンデルスとの往復書簡の記録をまとめたのが、『ヒロシマわが罪と罰』という本です。その本の中で、アンデルスは心を病んだイーザリーに、次のような書簡を書き送っています。(ちょっと長いですが、引用します)

    い やそんなことによりももっと適切な実例は、あなたが爆撃手に下した原爆投下の命令の、そのまた命令をあなたに下したあの大統領(トルーマン)です。彼は、 本来ならば少なくともあなたと同じ精神的状況にいなければならないにもかかわらず、数年前、ある公開のインタビューの席上で、“良心の呵責”なんか全然感 じないと、およそ道徳なんか始めから問題にもしていないようなナイーブな調子で答えて、それで彼の道徳的潔白が証明されたつもりでいるのです。あるいは、 この話は、もうあなたにも耳にしておられるかもしれませんが。しかも彼は、ごく最近、七五歳の誕生日を迎えて、彼の人生の総決算をしていうには、後悔に値 する大きな過ちといえば三〇歳を過ぎてから結婚したことであるなどと、ぬけぬけと述べています。


    僕 はその裁判官あてに長文の手紙を書くつもりだ。そして、君自身の手紙の引用をそえてくわしく説明し、君の真剣な態度と“ノーマルな状態”についてうったえ てやろうと思う。僕はそもそも“ノーマルな状態”とは何ぞや?といいたいのだ。君にはいまさらいうまでもないが、僕は、君の場合のような異常な経験に対し てそれにふさわしい反応の仕方をもって関心を示さない人間こそ、すべてアブノーマルだと思っているのだ。

    (篠原正瑛訳・『ヒロシマわが罪と罰』より引用)

    広 島のあの惨禍を知ったならば、イーザリーのように精神に異常をきたす方が正常なことであり、むしろそうならない方が異常なことなのかもしれません。異常な のは、イーザリーではなく、「良心の呵責」などこれっぽっちも感じようとしなかった合衆国大統領の方かもしれないのです。つまり、その時の言動だけを見 て、その人がノーマルかアブノーマルかを判断するのは、実はかなり難しいということなのです。

    同様に…、防災担当および復興担当の大臣と して大震災に真剣に向き合ったなら、そして被災者の苦しみを真摯に受け止めたなら、むしろ正常な精神状態でい続けることの方が、異常なことだったのかもし れません。(むろん、松本前大臣は、イーザリーのような加害者の立場でもありませんし、重い病の状態でもありませんが…)

    宮城県知事とのあの会談の映像を見たとき、私も他の多くの人と同じように、非常に腹立たしく、不快に感じました。また、「わたしは九州の人間ですけん、ちょっと語気が荒かったりして…」といった彼の奇妙な言い訳を聞いて、同じ九州出身者として、恥ずかしくも感じました。

    しかし、以上のようなことを考慮すると、もしかしたら、彼は復興担当大臣として実はかなりふさわしい人物だったのではないか、松本氏へのあの猛烈なバッシングは明らかに行き過ぎだったのではないか、そんな気もしてきます。

    被 災地のあの惨状を目の前にすれば、そしてその復興の責任者であるならば、あのようなアブノーマルともいえる言動に至る方が、むしろ正常な反応だったのでは ないか。もちろん、そんな精神的にひ弱な人間は、そもそも政治家として不適格なのだ、という反論はあると思いますが…。
    転載元ーhttp://news.livedoor.com/article/detail/5712113/

    菓子パン盗み、警視書類送検=「大した悪さではない」―神奈川県警

    • 2011.07.15 Friday
    • 23:45
    時事通信 7月15日(金)17時24分配信

    スーパーで菓子パンを万引きしたとして、神奈川県警は15日、窃盗容疑で、警備部警備課課長代理の男性警視(52)を書類送検し、減給100分の10(6 カ月)の懲戒処分にしたと発表した。警視は同日付で辞職した。監察官室によると、警視は「パンが好きだった。安いので万引きしても大した悪さではないと 思った」と話したという。
     監察官室によると、警視は5月28日午前11時55分ごろ、神奈川県綾瀬市内にある自分の実家近くのスーパーで、菓子パン2個(販売価格190円)を盗んだ。
     パンをかばんに入れるのを目撃していた警備員が、他の商品の会計を済ませ店外に出た警視を呼び止めた。警察官であることを自ら明かしたため、大和署に通報したという。当時の所持金は約1000円で、両親の看病に行く途中だったという。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110715-00000098-jij-soci

    大震災は警告可能だった 「前震」見極めできれば

    • 2011.06.02 Thursday
    • 03:36

    (06/01 10:05、06/01 10:52 更新)

    がれきが残る福島県浪江町請戸地区を歩く防護服姿の住民ら。左奥は福島第1原発の排気筒=5月26日

    がれきが残る福島県浪江町請戸地区を歩く防護服姿の住民ら。左奥は福島第1原発の排気筒=5月26日

     東日本大震災の震源付近で約50時間前に起きたマグニチュード(M)7・3の地震は、直後の活発な余震活動を精査 し、前兆的な「前震」と見極めていれば「巨大地震発生があり得る」と警告できたのではないか―。東北大ニュートリノ科学研究センターの林野友紀准教授が1 日までに、こんな解析結果をまとめた。

     M7・3の地震は3月9日に発生し、宮城県で最大震度5弱などを観測。気象庁は大震災後に「前震」との見方を示した。

     林野准教授は、過去約80年に発生し「本震」と確定したM7・0以上の海溝型地震43例について、本震から20時間以内に起きた規模の大きい余震回数を調査。

    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/296262.html

    核のゴミ問題は解決できる

    • 2011.05.23 Monday
    • 02:07
     
    池田信夫blog

    池田信夫 プロフィール

    原発を批判するとき「核のゴミが処理できない」とか「何百年後までも管理しなければならない」といった話がよくある。先日のインタビューで河野太郎氏も、日本の核燃料サイクルは破綻していると指摘していた。

    最終処理は国内でできず、六ヶ所村の中間処理場も稼働していないため、核のゴミは満杯で、特に福島第二原発に貯蔵されている使用ずみ核燃料はキャパシティが限界に来ているという。経産省の官僚が書いた怪文書「19兆円の請求書」のいうように、核燃料サイクルにこれ以上コストをかけることは正当化できない。地下数百mに埋めることは可能だが、周辺の住民が反対するので国内では困難だろう。

    しかしこの問題の解決は、技術的には容易である。大前研一氏も いうように、再処理なんかしないで、放射性廃棄物をドラム缶に入れて日本海溝の底1万mに投棄すればいいのだ。しばらくするとプレートの中にもぐりこんで 危険はなくなる。海洋投棄はロンドン条約で禁止されているので法的には不可能だが、これには政府内でも異論があり、条約を脱退すれば投棄できる(半年前に 通告するだけで脱退できる)。

    もう一つの解決策は、毎日新聞が 報じたようにモンゴルなど途上国に核のゴミを「輸出」することだ。これは経産省が進めていたが、外務省が反対して止まっている。しかし貯蔵するだけなら、 途上国に開発援助と交換で引き取ってもらうことは可能である。世界には人の立ち入らない砂漠や山地はいくらでもあり、有害な産業廃棄物も放射性物質だけで はない。これは有害な廃棄物の不法投棄を禁じたバーゼル条約に違反しないように注意が必要だが、当事国の合意があれが海外投棄は可能である。

    最大の障害は、こうした「公害の輸出」に対する政治的な反対が強いことだ。毎日新聞は核のゴミの輸出が犯罪であるかのように騒いでいるが、モンゴル政府は合意しているのだから、これはパレート効率的な取引であり、温室効果ガスの排出権取引と同じ「コースの定理」の応用だ。CO2ならいいが核のゴミはだめというのは、筋が通らない。

    河 野氏も「海外投棄はビジネス的には可能だが、国際世論が許してくれるかどうか」と言っていたように、これはもっぱら政治的な問題である。逆にいえば、日本 政府の政治的意志が明確なら、取引に応じてくれる途上国はいくらでも見つかるだろう。再処理をやめれば、原発のバックエンドのコストは大幅に下がり、その 経済性も高まる。原子力は政治的なエネルギーであり、それを解決するのも政治しかないのだ。
    転載元ー
    http://news.livedoor.com/article/detail/5576348/

    青森 東通原発1号機「再稼働させる」<岡田幹事長>

    • 2011.05.16 Monday
    • 01:31

    東北電力東通原発=青森県東通村で、本社機から小松雄介撮影

     民主党の岡田克也幹 事長は15日、青森県大間町を訪れ、建設中のJパワー(電源開発)大間原発を視察した。その後、大間町長ら下北半島の5市町村の首長と意見交換した。定期 点検中の同県東通村の東北電力東通原発1号機について言及し、一定の安全基準を満たすことを条件に「基本的には再稼働させる」との考えを示した。

     一方、岡田幹事長は、大間原発や東通原発の安全対策に関し「もう一度きちんと見直すことが必要だ」と話した。

     また大間原発の周辺住民のための避難道について、記者団に「地震、津波が来たら使えなくなるだろう」と指摘。政府は県などと協力し、新たな対策を講じる必要があるとの認識を示した。


    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110515/Mainichi_20110516k0000m040089000c.html

    「原発の『想定外』は責任逃れのために作った指針」と専門家

    • 2011.05.13 Friday
    • 20:01

    2009年に刊行された著書『偽善エネルギー』(幻冬舎新書)の中で日本の原発は地震対策をしっかり行うべきだと警告し続けてきた中部大学教授・武田邦彦氏は、自身が委員を務めた原子力安全委員会でのやりとりについて、苦い顔で振り返った。 2006年9月、原子力安全委員会では耐震設計の審査基準を改定することになった。武田教授はこの基準を見て心底驚いたという。 「それまでは安全な原子力を造ろうという方針だったはずですが、このときの指針では、電力会社が地震や津波を想定し、それより大きな地震があったら『想定外』とみなす、つまり仕方がないという内容だったのです」(武田教授) さらに指針には、「原発に『想定外』のことが起こった場合、【1】施設が壊れて【2】大量の放射性物質が漏れて【3】著しくみんなが被曝する」とはっきり書かれていたという。 「それは、電力会社が想定しない範囲であれば、原発が壊れて国民が被曝してもいいという意味です。この指針は、電力会社と保安院が結託して『想定外』には責任を取らないようにしたものなのです」(武田教授) 委員だった武田教授は、これでは責任逃れではないか、と委員会で食い下がったが、指針は通ってしまった。 「ぼくはそれまでは原子力推進派でした。でもこんなことを許すわけにはいかず、それ以後、原子力批判派に変わりました」(武田教授) 東京電力の清水社長が「津波は想定外」と繰り返したのも、この指針に沿った責任逃れだと武田教授はいう。

    ※女性セブン2011年5月26日号

    http://www.news-postseven.com/archives/20110513_20212.html

     


    広瀬隆 特別インタビュー 「浜岡原発全面停止」以降の課題

    • 2011.05.13 Friday
    • 17:15

    菅直人首相が浜岡原発の全原子炉停止を中部電力に要請し、日本のエネルギー政策が大きく軋み 始めた。これから脱原発の流れは加速するのか、夏季に向けて電力供給に支障は生じないのか。原発とエネルギー問題に詳しい作家・広瀬隆氏に語ってもらっ た。(聞き手/ダイヤモンド社論説委員 坪井賢一)

    ――これまで広瀬さんは原発の危険性、とりわけ浜岡原発の危険性について警告してこられましたが、今回の運転停止をどう受け止めていますか?

     この問題は『原子炉時限爆弾』(ダイヤモンド社)で、私も著書を通して訴え続けてきた一人なので、まず何よりも菅首相の決断を讃えたいです。新聞 やテレビの報道では「拙速な要請」「唐突な発表」などの論調が目立ちますが、東海地震はいつ起きてもおかしくないわけですから、国民の安全を考えれば即刻 止めるのは正しい判断です。

     そもそも、2006年1月に「東海地震が今後30年間に起こる確率は87%」と公表したのは政府の地震調査研究推進本部です。政府自ら東海地震は 必ず起こると明言していました。唐突に起こるのが大地震です。その震源域の中心にある浜岡原発を止めることが、どうして唐突でしょうか。むしろ、遅すぎた くらいです。

     5月9日に中部電力が運転停止を受け入れたことで、注釈付きですが原発廃止への第一歩を踏み出しました。今後はこの動きをさらに加速させるために、国民規模で論理的な議論を積み上げなければなりません。

    ――首相要請は地震対策が完成するまでの「運転停止」で「廃炉」ではありません。この違いはあまり伝わっていないようです。

     私が言いたい問題は、そこにあるのです。原子炉の内部、あるいは貯蔵プールに核燃料があるかぎり、運転中の原子炉と危険性は何ら変わらないという 事実は、誰もが理解したはずです。福島第一原発の事故では、運転停止中の4号機で水素爆発が起こりました。原子炉から取り出した使用済み核燃料棒が貯蔵 プールに保管されていたため、電源喪失によってアッという間に温度が上がり、水素爆発を起こしたと発表されました。今になって、あれは水素爆発ではなかっ たという怪しげな説が出ていますが、いずれにしろ、電源喪失で冷却不能になれば、爆発します。したがって、最終的な目的は燃料を搬出することにあるわけで す。

     残念ながら今回の首相発言は「廃炉」には言及していません。2、3年で防波壁あるいは防潮堤を建設し、その間に安全性を検証するといった話です。 もし中部電力が本格的な工事に取りかかってしまえば、そのために大金を投じますから、浜岡原発が延命するという最悪のシナリオが進んでしまい、浜岡の危険 性が去らないまま、菅首相の意図とまったく正反対の結果を招きます。それを止めなくてはなりません。「防波壁の建設計画ちょっと待て!」という世論が、い ま急いで起こされなければなりません。

    ――津波対策として建設される防波壁は、実際にはどれだけ効果が見込めるのでしょう。東日本大震災の津波被害を見ると、そう簡単には食い止められそうにありません。

     まったくです。計画では高さ15m超の防波壁をつくるようですが、その程度ではとても防げません。今回の東日本大震災で津波が陸上を這い上がった 最大遡上高さは岩手県宮古市の38.9mでした。これは観測史上の記録では最大ですが、ほんの100年前の1896年(明治29年)の明治三陸地震津波 で、岩手県綾里ではほぼ同じ高さの38.2mが記録されています。さらに1771年(明和8年)の八重山地震津波では、石垣島に85.4mもの津波が押し 寄せました。日本の歴史から見れば、こうした規模の津波は、頻繁に起こっているわけです。

     しかも、勘違いしている人もいるようですが、中部電力が計画してきたのは「防潮堤」ではなく「防波壁」なのです。防潮堤はダムと同じような堅固な 構造物ですが、防波壁はただの高い塀です。そこに津波が一気に押し寄せればひとたまりもないでしょう。津波とは、後ろから次々と水波が押し寄せてくる現象 です。それは、巨大な体積とエネルギーをもった水の塊だから、壁の高さ、防潮堤の高さは関係ありません。たとえ堅固な防潮堤が建設されても、今回、宮古市 の閉伊川河口で堤防を簡単に津波が乗り越えたように、どこまでも乗り越えてきます。仙台平野を、海水がどこまでも陸をなめつくす津波のおそろしさを私たち は目撃しました。内陸に侵入した範囲は、実に6kmにおよんだのです。

     また中部電力は、電源を高いところに設置すると言っていますが、あの人たちの頭を疑います。これで、大丈夫だと思う人はいますか?

     津波がさらってきた自動車も、船も、岩石も、家屋も、濁流となって、電源のケーブルに激突してくるのです。地盤が2mも隆起するのが東海地震です。それでも電源ケーブルは大丈夫ですか? ケーブルが切断されても、電気が送られるのですか?

     地震対策にしても同じです。今回の東北地方三陸沖地震は、沖合130kmとかなり遠くで起こりました。しかし、想定されている東海地震は、それと 同じ規模の巨大地震が浜岡の真下で起こるわけです。想像したくもありませんが、浜岡原発は一撃で終わり、福島第一原発より大規模な放射能放出を一瞬で起こ すでしょう。そこへ津波もくるし、電源も遮断される。結論を言えば、そもそも有効な地震対策など、あり得ないのです。

     もちろん、他の原発も危ないのですが、まずは歴史的な周期性から考えて、最も大地震が逼迫している浜岡を止めることは、日本人が生き残るための緊 急課題です。そして浜岡を真の廃炉にもって行き、中部地方の経済が大丈夫だと証明されれば、すべての原発を止めてもよいという意識が、日本人のなかに確実 に高まってゆくでしょう。

    ――浜岡を止めても中部電力は、計画停電はしない、電気料金は上げない、節電は要請する、と発表しています。しかしマスメディアは電力不足になるという懸念を書いている。この点をどうご覧になっていますか?

     それは報道に携わる人たちがデータをきちんと調べていないからです。中部電力の言い分だけを聞いて、電力問題の本質を調べたことがないからです。 日本全体で見れば、原発がまったく稼働しなくても火力と水力で十分賄えます。下のグラフは、発電施設の設備容量と最大電力の推移を表したものですが、 1960年代から最近まで、真夏のピーク時の最大電力が「火力+水力」の発電能力を超えたことは一度もありません。しかも2008年度以降は電力消費が大 幅に落ち込んで、ますます発電所が余っている状況です。

     具体的に、中部電力の場合を見てみましょう。異常な猛暑を記録した昨年、2010年夏の最大電力と発電能力を示したのが下のグラフです。ピーク時 の最大電力2698万kWに対して、発電能力は原発を除いても3101万kW。つまり、あの猛暑のときでさえ、浜岡原発なしに403万kW(約15%)も の余力があったということです。

     今年の夏が昨年のように猛暑になることはまずあり得ないので、余裕をもって乗り切れます。だから何を騒ぐのかというのが第一の疑問です。テレビと 新聞が、産業界や庶民に要らぬパニックを煽っているのです。私が報道記者に言いたいのは、電力会社の発表を鵜呑みにせず、実績値を自分たちで調べてみなさ いということです。そうすれば、もっとレベルの高い議論ができるはずです。

     中部電力が今年夏のピーク電力を2560万kWと予測していることは、昨年の異常気象時の2698万kWより138万kW少なく、正しい判断で す。電力が不足するかも知れないと言っていたのは、持っている火力を停止しているからです。そのプラントを稼働させるには、燃料の手当てだけが必要なの で、三田敏雄会長が急遽カタールに飛んだことも、まったく正しい行動です。その手当てがついたので、浜岡停止を決定したわけです。加えて、来年7月には、 中部電力が新潟県に建設中の上越火力発電所が運転を開始するので、最新鋭のLNG2基238万kWが加わって、電気があり余るほどになります。ほぼ360 万kWの浜岡原発の稼働率は50%、つまり180万kWが精一杯だったので、上越火力だけでお釣りがきます。

     加えて、政治家もマスメディアも知らないらしいので驚くのですが、日本で発電できる会社は、電力会社だけではないのです。電力が足りないと言うの なら、電力会社は、日本の全産業界にすぐに送電線を開放する義務があります。なぜかというと、IPP(Independent Power Producer=独立系卸電力事業者)がたくさん発電能力をもっているからです。鉄鋼、機械、化学などの業種がこの分野に参入しており、これをフルに活 用すれば、たった今、日本全土のすべての原発をストップしても、停電など起こり得ないのです。

     日本で卸電力入札制度が始まった1997年の電気事業審議会の調査によれば、IPPの潜在供給力は、最低でも2135万kW、最大では5200万 kWに達するという結果でした。では現在の数字を見てください。2011年現在の商業用原子炉は、名目上 54基 4911.2万kWですが、廃炉になる福島第一原発は469.6万kW。地震で破壊された柏崎刈羽原発2・3・4号機は再起不能の停止中で、330万 kW。したがって現在の原子力発電所は、実際には4111.6万kWしか能力がありません。それに対して、総務省統計局のデータによるIPP、つまり自家 発電の能力はすでに4000万kWもあるのだから、即刻、全原発の停止ができることを、日本人がまったく知らないのです。テレビと新聞が、見当違いの電力 不足パニックを煽っていると批判したのは、このことなのです。

     ところが電力会社が送電線を独占し、高額の送電価格を設定しているため、これらのすぐれた事業者が電力市場から排除され、自由に電気を売れないわ けです。日本の国家としては、即刻、送電と発電の事業を完全に分離して、電力の自由化を進め、国民のために送電線を開放させることが、国会と政府の急いで 行うべき務めなのです。政治家とマスメディアは、電力会社に飼われた犬ではないでしょう? 産業界を含めた国民のためにあるはずだと、今こそ誰もがその疑 問の声を上げるべき時です。

    ――これから発電設備を増強するとすれば、原子力発電に代わるエネルギーをどこに求めるべきだとお考えですか?

     電力会社としては、LNG(液化天然ガス)火力発電所を増やすことです。エネルギー・環境問題研究所代表の石井彰氏によれば、LNG火力は最短で 数か月あれば設置できると言います(「ガスエネルギー新聞」2011年4月6日)。電力会社は停電を口にする前に、最もクリーンで、世界の発電のエースで あるLNG火力を増設するべきです。

     LNG火力というのは、現在、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた「ガス・コンバインドサイクル」として完成しています。この発電設備は、 火力のなかで最もエネルギー効率が高いのです。じつは原発のエネルギー効率は驚くほど低く、わずか30%です。電気にならなかった残りの70%は、温排水 として海を加熱して、自然破壊を進めています。一方、従来型火力は45%まで、そしてガス・コンバインドの熱効率は実績で60%まで高まっています。

     しかも、この方式ではタービンでLNGを燃焼させた後に、何度も排熱を回収してエネルギーを発電機に送るため、熱効率は原発の2倍なのに、排熱量 は2分の1に抑えられる。ほかにも、天然ガスはクリーンで地球環境に最もやさしい、小型なので設置に場所をとらない、電源を入れてから1時間で起動できる ので消費量の変化に追随できる、という数々のメリットがあります。

     原発がなければ経済成長できないと考えるのは大きな誤りで、これがいま世界の趨勢なのです。

     実際、日本の電力会社もこの設備の導入を進めており、2010年9月14日には、中部電力が西名古屋火力発電所の石油火力を刷新してコンバインド サイクルを導入する方針を打ち出しました。これによって、この発電所の出力は119万kWから220万kWへ100万kWほど高まることになります。この ことからも、浜岡原発を延命させるよりもコンバインドを推進したほうがはるかに効率的であることがわかるでしょう。

     東京ガスと大阪ガス、中部電力、独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の4社がこの5月9日に、三菱商事が進めるカナダ のシェールガス(シェール層から採取される天然ガス)事業に共同で参画すると発表したことは、その最先端の動きです。アメリカの天然ガスは、今後ほとんど シェールガスに依存する計画ですから。

     さらに、今後の将来的なエネルギー政策を考えた場合には、エネファーム(家庭用燃料電池)が主力になることに期待しています。何しろ最大エネル ギー効率はコンバインドより高い80%で、天災などで大打撃を受ける集中型の設備ではなく、家庭ごとに設置する分散型の理想的な姿になるからです。これが 2020年には累計250万台に達するという市場予測が出ています。そうなれば、20世帯に1台の割合で普及するわけですから、家庭での成功によって製造 部品のコストが大幅に下がって、現在のパソコンと同じように量産による低コスト化が実現され、工場をはじめとした産業界に広まってゆきます。つまり、最大 の電力消費者が、エネルギーの有効利用を達成できるわけです。

    ――菅首相が強調していた自然エネルギーについてはどうですか?

     原発に代わって自然エネルギーを普及せよと言われますが、これで一番喜んでいるのはじつは原子力産業なんです。自然エネルギーは20年経っても、原発の電力分を100%賄うことはできませんから、原発を推進するための格好の口実になってしまうわけです。

     日本の電力消費は、家庭用が3割弱で、残りの7割以上を産業用と業務用が占めています。しかも、日中は家庭にあまり人がいませんから、ピーク電力の問題はほとんどが産業用・業務用の問題です。

     電力の大半を消費している産業界が、その日の天気や風の気まぐれに頼る自然エネルギーでは夏のピーク需要を賄えないことを一番よく知っています。 産業界の協力がどうしても必要なので、いま議論が必要なのは、自然エネルギーではなくコンバインドサイクルのような安定供給できる設備です。

     太陽光発電は優れていますが、原子炉1基分の100万kWの電力をつくろうとすると、山手線の内側と同じくらいの面積にソーラーパネルを敷き詰め る必要があります。原発50基分では、その50倍ですよ。そうなると自然破壊をもたらすため、設置場所が建物の屋根などに限られてきます。だから、それら は長期的なペースで徐々に進めればよいのです。

    ――浜岡原発が立地する御前崎市では、雇用や消費などの面で大きな影響が出るのではないかと波紋が広がっています。

     浜岡原発を本当に止めるために、最も考慮しなくてはならないのが、この問題です。御前崎市の予算の42%(原発交付金と固定資産税の合計)が原発 に依存しているわけで、これを解決する方法はお金しかありません。これまで御前崎市の人たちには、大都会の人が原発の危険性を負わせてきたのだから、これ は国家の責任として原発交付金に代わる資金を政府が手当てするべきです。

     というのは、かつて国策で石炭から石油へ移行する時代に、政府は炭鉱を閉鎖する企業に対して「閉山交付金」を支給しました。それでも石炭産業の人たちは大変だったのですが、今回は金額がはっきりしているのだから、そっくり補填しなければいけません。

     その財源は4330億円にのぼる原子力関連予算から手当てすれば簡単です。御前崎市の財源などすぐつくれます。事業仕分けで何ら削減されなかった この予算が、莫大なムダを出し続けているわけですから。たとえば、高速増殖炉「もんじゅ」と六ヶ所村の再処理工場を合わせると、建設費だけで5兆円以上の 資金が注ぎ込まれています。しかも、どちらも信じられないような人為的なミスによって、まったく機能していない、無用の長物なのです。今後も絶対に、まと もな運転はあり得ません。加えて、将来の放射性廃棄物の処理に30兆円を要する原子力産業など、あってはならないでしょう。

     原発に依存した生活を続けるのは、現地住民にとっても、すべての国民にとっても良くないことです。原発から自立することは、新しい希望の生活を意 味します。古いものが消えれば、必ず新しいものを生み出すのが、人間です。否定的に考えてはいけません。私が自信をもってそれを言うのは沖縄を見ているか らです。米軍基地に経済が依存してきた沖縄では、「米軍基地の跡地」の地域が県内で最も経済発展しているからです。いま沖縄県が全土をあげて米軍基地に反 対できるのは、その経済的な実績があるからです。それと同じ輝ける未来図が描けることを、御前崎市の人たちに知っていただきたいです。そしてそこに行き着 くまでの期間は、責任をもって政府が手厚く支援する必要があります。

    ※浜岡原発の危険性を指摘した
    『原子炉時限爆弾〜大地震におびえる日本列島』
    広瀬隆著/ダイヤモンド社刊

    http://diamond.jp/articles/-/12199

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    Yahoo Ads

    Twitter

    Yahoo!ニュース

    HTMLリンクタグ作成

    HTMLリンクタグ作成リンクタグ作成

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM