スポンサーサイト

  • 2014.09.26 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    広島少年院暴行事件、元首席専門官に有罪判決

    • 2010.11.01 Monday
    • 14:06
     広島少年院(広島県東広島市)で2005年9月、収容少年(当時16歳)に暴行したとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた同少年院の元首席専門官、向井義(ただし)被告(49)(起訴休職中)の判決が1日、広島地裁であった。芦高源(あしたかみなもと)裁判長は、懲役10月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。向井被告側は、教育的な指導だったとして無罪を主張していた。

     起訴状では、向井被告は05年9月16日、同院体育館で少年の首にシーツを巻いて絞めつけ、遺書を書くよう強要。さらに学科教室で洗剤を混ぜ合わせて塩素ガスを発生させたポリ袋を顔に押しつけて吸うように要求したとしていた。

     芦高裁判長は、シーツで少年の首を絞めたとする検察側の主張について、「裏付ける証拠がなく、絞めたとするには合理的な疑いが残る」と否定。塩素ガスを発生させたとされる点についても、具体的な目撃証言がないとして退けた。一方、遺書を書くよう求めたことや、ポリ袋を顔に押しつけたことは認めた。

    最終更新:11月1日(月)12時6分

    読売新聞

    スポンサーサイト

    • 2014.09.26 Friday
    • 14:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      Yahoo Ads

      Twitter

      Yahoo!ニュース

      HTMLリンクタグ作成

      HTMLリンクタグ作成リンクタグ作成

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM